【投書】未来に対する責任とは?

JIKATSU投書アイキャッチ

投書者:カナリア

「辛(から)きことを蓼(たで)の葉に習い、臭(くさ)きことを溷厠(かわや)に忘る」

御書全集p24 新版p34

立正安国論の一節である。後半部分、今は水洗トイレが主流なので、トイレで匂いを感ずることは少ないかも知れない。かつては、汲み取り式だったので、入りたては臭かった。しかし、しばらくすると慣れてきて匂いを感じなくなる。人間は様々な環境に慣れてしまう事の譬えである。

個々が自立せず、「組織信仰」を長く続けていると、ましてや幹部という立場で、組織内で振舞っていると、おかしい事があっても慣れてしまう。臭い匂いを感じられなくなってしまう。

例えば、選挙が近づいてくると、宗教団体の組織にもかかわらず「選挙支援体制」に切り替わる。これが当たり前になっている。自公連立は20年続いてきた。友党として自民党を応援するのも当たり前。

「公明党は良くやっている」と思い込むのも当たり前。素朴な疑問は湧かなくなってしまう。神経が麻痺してしまった状態。実はこれが一番怖くて、タチが悪い。

「自分は生活に困っていない」。「社会の不条理は困ったことだが、差し当たって自分には関係ない」。「日蓮仏法は正しいし、創価学会は正しい団体なのだから、自分も恐らく間違ってはいない。だから何とかなる」。多くの会員諸氏は、漠然とそう思っているのではないか。

だが、未来はどうなのか?残念ながら、学会員諸氏の問題意識は、これ以上深まることはないのであろうか?

巷間言われているように、「創価学会は社会の縮図」。良しにつけ悪しきにつけ、学会員の動向は社会全般に影響を及ぼす。また創価学会の実態と社会一般のあり様は、確かに酷似しているのである。政治の世界ではなおさらなのである。

現在のように、個人が矮小化され、時代の生命力が弱った状態。これが末法の象徴的状況なのだ。ロシアのウクライナ侵攻を契機とした「ハードパワー」復活の兆しの中で、池田先生のご指導にあった「ソフトパワーの時代」を到来させるためには、何が必要なのだろうか?

多くのロシアの人達のように、国営放送だけを信じて、大事なことを判断してはいけない。

【投書】未来に対する責任とは?” に対して1件のコメントがあります。

  1. TAKIBI より:

    確かに、おっしゃる通りです。
    自分の頭で考えない。
    これが今の日本です。
    テレビの情報に無条件で理解を示す。
    学会も同じ。組織の打ち出しに無条件で理解を示す。

    テレビが悪いとは言うわない、組織が悪いとは言うわない。
    そこに自分の意志が必要なんですね。

    たった一つの正解を見つけるのではなく、自分に取っての正解を決める力が必要だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA