【投書】広宣流布にとって必要か否か。

JIKATSU投書アイキャッチ

投書者:カナリア

今から20年近く前になろうか。日蓮正宗改革同盟の若手僧侶に質問する機会があった。

今思えば、ご僧侶にとっては、若干意地の悪い質問だった。私は尋ねた。「将来、僧侶という存在は、どうなると思われますか?」と。学会と宗門が離別したからには、僧侶という存在は、将来必要なくなるのではないか、という含意を含んでのものだった。

すると若手ご僧侶は、私の想定を超えて、以下のようにお答えになった。

「広宣流布にとって必要ないものであれば無くなりますし、必要性があるのであれば残るでしょう」

「広宣流布は仏事である故、究極的には大御本尊が決めるでしょう」とのお答えであると、私は受けとめ、納得、得心したのを覚えている。

「広宣流布にとって必要なものは残るし、必要ないものは無くなる」・・。納得性あるこの観点に立つなら、日本の創価学会に於ける、現状の中央集権化した「組織」は、無くなって行かざるを得ないのではないか?

そう、方面長・都道府県長・総県長・分県長・圏長などという、上意下達の組織は、20世紀の遺物であり、最早必要のないものと言わざるを得ない。現在はその消滅のプロセスの過程の中にいるのだろう。

「公明党への選挙支援と、信濃町新聞の啓蒙をやっていれば、広宣流布は進む」と、本気で思っている方がいるとすれば、その人は正真正銘の「馬鹿者」である。また、そうは思わないけれどもやっている方がいるとすれば、その人は「事なかれ主義」の人であり、未来を考えない無責任な人である。

いずれにしても、現在3,000名前後(外郭含み)とも言われる、忖度第一の職員幹部達。その多くが、会員や広宣流布にとって最早有害な存在であり、21世紀には不要な人達なのである。各県毎に数名の事務員がいれば事足りる、新たな体制を作っていくべきなのだろう。

いずれにしても、スーツを着た坊主・尼さん達の存在しない、新しい価値創造の団体の再生。

そして自立せる個々人が、池田先生の哲学を基準として「尊敬される組織」を、一から作っていく事。これが当面の課題なのだと思う。

【投書】広宣流布にとって必要か否か。” に対して1件のコメントがあります。

  1. いっこく堂 より:

    静かな足音で、しかも鋭い響きを秘めた投稿に、いつも頷いています。美しい声で人々に危険を伝える、まさに「炭鉱のカナリア」の様です。
     これからも投稿楽しみにしています。

  2. 洋平太 より:

    コメント反応ができる様になったんですね。カナリアさんファンの一人として嬉しいです。
    カナリアさんの投稿にいつも刺激を受けています。友人との議論のネタにも使わせて頂いています。
    これからも続投お願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA